統合失調症 | KURAGE online

統合失調症 | KURAGE online

「 2022年09月13日 」 の情報 

大塚ホールディングス、アリピプラゾール2ヵ月持続性注射剤統合失調症と双極I型障害の適応で ...

2022/9/13  

ルンドベックA/S(本社:デンマーク、コペンハーゲン、社長兼 CEO:デボラ・ダンサイア、以下「ルンドベック社」)は、成人の統合失調症と双極I型障害の適応で、

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2022年9月13日) | AnswersNews - Answers(アンサーズ)

2022/9/13  

適応は成人の統合失調症と双極I型障害。審査終了予定日は来年4月27日に設定された。同薬は大塚が創製したドパミンD2受容体パーシャルアゴニスト。

タイプ別(ドライおよびウェットピクリン酸)、グレード別(<99% - ドリームニュース

2022/9/13  

繊維業界での使用○ うつ病や統合失調症を治療するためのヘルスケア業界での使用の強化○ 航空宇宙業界におけるロケット燃料としての使用の増加○ やけどの

血栓性高血圧症等治療薬「アデムパス錠」、HIV治療薬との併用を認めるが「減量考慮」などの注意を

2022/9/13  

高血圧症治療薬の「アデムパス錠」(一般名:リオシグアト)について、次のHIV治療 ... 統合失調症治療薬「ロナセン」、不眠症治療薬「ベルソムラ」は、抗菌

13日のPTS注目ポイント=メディア総研、プレミアアンチエイ、三井ハイ、TDCソフト

2022/9/13  

T>、大塚製薬とルンドベック社(デンマーク)は、成人の統合失調症と双極1型障害の適応で、アリピプラゾール2カ月持続性注射剤(LAI)の新薬承認

採れたて株価材料-大塚HD LAIの統合失調症と双極1型障害の適応で米FDAが申請受理

2022/9/13  

日経平均-4日続伸 米株高を好感も米CPI発表控え上値重い。 ・三谷セキサン<5273>-7万株・2.5億円の自社株買い 割合0.28%。

アリピプラゾール2カ月持続性注射剤 統合失調症と双極I型障害の適応で米国FDAが申請受理 ...

2022/9/13  

最新投稿日時:2022/09/13 15:15 - 「アリピプラゾール2カ月持続性注射剤 統合失調症と双極I型障害の適応で米国FDAが申請受理」(適時開示)

定型抗精神病薬「ピモジド」の化学修飾により新規難治性疼痛治療薬として極めて有望な化合物の ...

2022/9/13  

... 岡田 卓哉らの共同研究グループは、統合失調症治療に用いられる定型抗精神病薬※1「ピモジド」に適切な化学修飾を施すことで、痛みの神経伝達に関わるT型

アリピプラゾール2ヵ月持続性注射剤統合失調症と双極Ⅰ型障害の適応で米国FDAが申請受理

2022/9/13  

承認されれば症状が安定した成人統合失調症の治療および成人双極性障害Ⅰ型の単剤維持療法を適応とする、米国で初めての2ヵ月投与型の抗精神病薬LAIとなり

中井久夫先生に教わったこと | 漢方ことはじめ | 津田篤太郎 | 毎日新聞「医療プレミア」

2022/9/13  

医学部の授業では統合失調症について、激しい幻覚や妄想など、発病の時期にとても目立つ症状で診断の役に立つ事柄を教えられるのですが、中井先生は患者さんに残

Copyright© 統合失調症 | KURAGE online , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.