統合失調症 | KURAGE online

統合失調症 | KURAGE online

「 弁護側 」 の情報 

吹田 交番襲撃事件 被告“頭の中で知人から指示された”

これまでの裁判で、弁護側は、被告は事件当時、統合失調症の影響で責任能力が無い状態だった可能性があるとして、無罪を主張しています。

大阪交番襲撃 無罪主張…弁護側「統合失調症が影響」 地裁初公判

弁護側は起訴事実は争わず、「統合失調症の影響で、刑事責任能力がなかった」とし、無罪を主張した。 起訴状では、飯森被告は19年6月16日朝、

大阪・交番襲撃事件、被告側が無罪主張 地裁初公判

弁護側は「犯行当時、飯森被告は統合失調症にかかっていて責任能力がなかった可能性があり、無罪を主張する」とした。 大阪地検は19年7~12月に

「身勝手極まりない」竹下通り暴走被告に懲役20年求刑 東京地検

これに対して弁護側は、「統合失調症の影響がある」として無罪を主張しました。 判決は来月17日に言い渡される予定です。

「1人目がフロントガラスにへばりついて…」原宿・竹下通りを車で暴走 8人をはねた男の“許しが ...

これに対し、弁護側は統合失調症による心神喪失状態だったとして無罪を主張した。スーツ姿で現れた日下部本も「1でも多く撥ねようとしたのは

「一人でも多くはねようと」竹下通り暴走の初公判で被告

弁護側は「統合失調症の影響で、心神喪失状態だった」として被告の責任能力を争う姿勢を示しました。

竹下通り車暴走で殺意否定 8人重軽傷、東京地裁

被告は鑑定留置の後に刑事責任を問えるとして起訴されたが、弁護側は「統合失調症の影響の下で事件を起こし、心神喪失状態だった」として争う

弁護側「心神喪失」と無罪主張 8人重軽傷の原宿暴走―東京地裁

弁護側は「犯行時、被告は統合失調症の影響で心神喪失状態だった」と無罪を主張。被害者8のうち5については殺意がなかったと述べた。

訪問介護ヘルパーの70歳女性にわいせつ行為、踏みつけ死亡させる…53歳男に懲役8年判決

弁護側は犯行時、統合失調症などの影響があったと主張したが、長瀬裁判長は、精神鑑定した医師の証言のほか、被害者の遺書を偽造するなどしてい

金沢不審火 起訴内容を認める 地裁で初公判 /石川

一方、弁護側は、稲田被告は事件前に統合失調症の診断を受けており、「少なくとも心神耗弱の状態にあった」として、責任能力を争う姿勢を示した

Copyright© 統合失調症 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.