統合失調症 | KURAGE online

統合失調症 | KURAGE online

「 心神耗弱状態 」 の情報 

津山男性刺殺 被告起訴内容認める 岡山地裁 裁判員裁判初公判 - 山陽新聞

統合失調症の影響を認めた上で「善悪の判断能力に問題はない」とした。 弁護側は「被告が当時、心神耗弱状態だったことを考慮すべきだ」と主張した。

大口病院事件 無期懲役に警察・検察は? - 日テレNEWS24

完全責任能力があったとして死刑を求刑したのに対し、弁護側は、「統合失調症の影響で心神耗弱状態だった」などとして無期懲役が相当と主張していた。

旧大口病院連続死 元看護師に無期懲役 横浜地裁 - ニフティニュース

弁護側は事件当時、久保木被告が統合失調症を発症し始め、責任能力が大きく損なわれた心神耗弱状態にあったと主張していた。【池田直、洪?香】.

旧大口病院連続死 元看護師に無期懲役 横浜地裁 - 琉球新報

弁護側は事件当時、被告が統合失調症を発症し始め、責任能力が大きく損なわれた心神耗弱状態にあったと主張していた。【池田直、洪玟香】

患者3人殺害で無期懲役、横浜 - 西日本新聞

弁護側は被告が事件当時、統合失調症の影響で心神耗弱状態だったとして、無期懲役が相当と主張している。 起訴状によると、16年9月、入院患者3人の点滴に

主文後回し「静粛な環境で聞いて」点滴混入

検察側は完全責任能力があったとして死刑を求刑したのに対し、弁護側は、「統合失調症の影響で心神耗弱状態だった」などとして無期懲役刑が相当と主張してい

“点滴混入殺人”きょう判決…主文後回しに - 日本海テレビ

... 責任能力があったとして死刑を求刑したのに対し、弁護側は、「統合失調症の影響で心神耗弱状態だった」などとして無期懲役刑が相当と主張していました。

死刑求刑の元看護師に午後判決 主文後回し 旧大口病院の3人点滴中毒死 - 東京新聞

弁護側は、犯行時にうつ病を発症し、統合失調症の前兆症状の可能性があったとする起訴後の精神鑑定を基に、心神耗弱状態にあったと主張し、極刑を回避する

横浜・点滴中毒死、9日判決 責任能力、量刑が焦点 - 中日新聞

検察側は死刑を求刑。弁護側は被告が事件当時、統合失調症の影響で心神耗弱状態だったとして、無期懲役が相当と主張しており、

元看護師に死刑求刑 検察「身勝手、残虐」―入院患者3人殺害・横浜地裁 - 時事ドットコム

弁護側は最終弁論で「事件当時、被告は統合失調症の影響で心神耗弱状態だった」と反論。罪悪感と後悔の念を持ち、遺族にも謝罪したとして、無期懲役が相当と

Copyright© 統合失調症 | KURAGE online , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.