統合失調症 | KURAGE online

統合失調症 | KURAGE online

「 抗精神病薬 」 の情報 

抗精神病薬による体重増加と臨床効果との関係

これまでの研究において、抗精神病薬で治療中の慢性期統合失調症患者では、体重増加と精神病理学的改善効果の関連が示唆されている。しかし、

抗精神病薬の多剤併用は薬剤性有害事象の発生に影響、京都府立医大が確認

抗精神病薬は統合失調症治療に用いられるが、そのほかにも躁うつ病・うつ病・強迫性障害・発達障害・せん妄などのさまざまな精神疾患に加え、

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2021年3月24日)

肺MAC症は、呼吸困難や発熱などを起こす疾患で、肺に重度の損傷を ... 大日本住友製薬は3月23日、統合失調症治療薬の抗精神病薬「ロナセン錠/

“抗精神病薬市場動向アプリケーション別(統合失調症 双極性障害 単極うつ病 認知症 その他 ...

“抗精神病薬市場動向アプリケーション別(統合失調症 双極性障害 単極うつ病 認知症 その他 )、タイプ別(最初の抗精神病薬 2番目の抗精神病薬 第三の

統合失調症治療の有効性、安全性に対する抗精神病薬の用量依存作用

Behavioural Brain Research誌オンライン版2021年1月5日号の報告。 統合失調症患者における抗精神病薬の用量と有効性、有害事象、死亡率との関連を

神経弛緩薬市場 詳細な分析とヘルスケアの専門家によるレビューレポート2020年から2026年

神経弛緩薬は、主に統合失調症および双極性障害における精神病(妄想、 ... 抗精神病薬は通常、短期的に精神病の症状を和らげるのに効果的です。

統合失調症の心臓突然死リスク、抗精神病薬と年齢との関係

抗精神病薬を服用している統合失調症患者の心臓突然死リスクに対する年齢の影響について、台湾・台北医科大学のPao-Huan Chen氏らが調査を行っ

抗精神病薬市場:将来のイノベーション戦略、成長と利益分析、2026年までの予測

地域的には、双極性障害や統合失調症などの神経学的問題の蔓延に加えて、成熟した大衆がかなりの数存在するため、北米地域市場は抗精神病薬の

統合失調症患者の自動車運転関連の認知機能に対する抗精神病薬の影響

韓国・漢陽大学校病院のSeokmin Noh氏らは、統合失調症患者において、自動車運転に関連する認知機能に、使用している抗精神病薬の種類によって

【ここまで進んだ最新治療】双極性障害のうつ、新たな保険適用薬「ルラシドン」に期待 海外では ...

今年5月、「統合失調症」および「双極性障害のうつ症状」に対して「ルラシドン(商品名・ラツーダ)」という抗精神病薬が保険適用になった。

Copyright© 統合失調症 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.