統合失調症 | KURAGE online

統合失調症 | KURAGE online

「 研究 」 の情報 

偽患者として精神病院に潜入! 全米医学会を大きく揺るがした「ローゼンハン実験」その真実とは ...

1971年には米国と英国の精神分裂病(現在は「統合失調症」)の診断基準がほとんど一致しないことが研究でわかったという。医師の診断は恣意的で

抗精神病薬による体重増加と臨床効果との関係

これまでの研究において、抗精神病薬で治療中の慢性期統合失調症患者では、体重増加と精神病理学的改善効果の関連が示唆されている。しかし、

コンピュータゲームは精神疾患治療として効果=アイルランド科学財団

特にうつ病、不安障害、統合失調症で顕著であった。必要な効果を得るには毎日30分ずつゲームをするのがよいという。 「今回の研究に照らし合わせて

「ナッシュ均衡」でノーベル経済学賞を受賞…数学者ジョン・ナッシュの生涯

素晴らしい学識を持ちながら、ナッシュは1950年代後半から統合失調症を患うようになり、研究と並行して闘病生活を行いました。彼が1990年代に

てんかん、日本人の発症に関連する新規遺伝子領域を同定-名古屋市立大ほか

また、一卵性双生児での一致率をさまざまな疾患で調べた研究では、特発性てんかんが統合失調症や双極性障害(躁うつ病)など他の疾患を

統合失調症がパーキンソン病の高リスクに関連

統合失調症患者は、その後の生でパーキンソン病(PD)を発症するリスクが高いことが、「Movement Disorders」1月6日に掲載の研究で示唆され

孤独?寂しい?その感情は腸内細菌が関与しているという研究結果が報告される

実際、過去の研究では、腸内細菌がうつ病・双極性障害・統合失調症といったメンタルヘルスや、性格や心理特性(良識の生物学的な基礎要素と

統合失調症患者の乳がん、術後合併症が多い~日本の全国データ

統合失調症患者は一般集団より乳がん発症リスクが高いが、乳がんの術後合併症を調査した研究はほとんどない。今回、東京大学の小西 孝明氏らの

花粉の量が増えると新型コロナウイルスに感染するリスクが高くなる可能性

... の研究で肥満や大気汚染、ネアンデルタールから受け継いだDNA、統合失調症など、多様なリスク要因が存在していることが判明しています。

統合失調症患者における小児期の心理行動特性~日本のレトロスペクティブ研究

統合失調症は、初期発達障害のフレームワークに適応することを示唆する科学的エビデンスが、疫学的研究や遺伝学的研究によって報告されている

Copyright© 統合失調症 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.