統合失調症 | KURAGE online

統合失調症 | KURAGE online

「 精神疾患 」 の情報 

統合失調症は「一生苦しむ病気」と思う人の勘違い

統合失調症とは、幻覚や妄想を主要な症状とした精神疾患のひとつです。発症率は0.8%。つまり約100に1が発症する病気で、厚労省調査では

統合失調症 知識学び支え合う 佐世保「ゆみはり会」 8月から学習会

統合失調症は幻覚や妄想といった症状を伴う精神疾患で、思春期から20代にかけて発症しやすいという。2017年度の厚生労働省の調査によると、

千葉工大、アルツハイマー病などの神経回路の変質を推定するアルゴリズムを開発

神経ネットワークの変質は、統合失調症や自閉スペクトラム症など、多くの精神疾患においても示唆されていることから研究チームでは、脳活動の

遠隔医療で重度精神疾患のQOL改善?

統合失調症や双極性障害は疾病負担が大きく、長期にわたる治療を要し再燃および再入院リスクが高い精神疾患であるため、患者のQOLは低下する

『わが家の母はビョーキです』中村ユキ著 児童精神科医・夏苅郁子 気づかされた「使命」

この本は、統合失調症という精神疾患を患った母親と、その娘の31年間にわたる生活の記録である。介護体験だが、認知症や身体障害の方の介護と

ソフトバンクG出資の米「デジタル薬」企業、SPAC経由で上場へ

ボストンを拠点とするピア社はアルコール依存症など物質使用障害や、薬物などの乱用に伴う精神疾患である統合失調症治療を目的としたアプリを

抗精神病薬の多剤併用は薬剤性有害事象の発生に影響、京都府立医大が確認

抗精神病薬は統合失調症治療に用いられるが、そのほかにも躁うつ病・うつ病・強迫性障害・発達障害・せん妄などのさまざまな精神疾患に加え、

統合失調症患者における抗精神病薬の剤型と自殺および死亡リスクとの関連

統合失調症は、死亡リスクが高いことから、最も深刻な精神疾患の1つとして考えられており、この死亡リスクの減少に寄与する方法を明らかにする

精神疾患、若年時のサイン重要 30~40代の当事者「早く知っていれば」

うつ病などを経て、30歳で統合失調症と診断された女性(45)は「自分は家族関係の悪さが精神疾患の背景にあると思う。そうしたリスクも若者に

心の病気合併する引きこもり医療者や周囲の支援が重要(九州大学病院精神科神経科 加藤隆弘講師)

... は支援が必要」とした上で、「統合失調症やうつ病などを合併するも多く、当院の引きこもり専門外来の患者の約7割に精神疾患がありました。

Copyright© 統合失調症 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.