統合失調症 | KURAGE online

統合失調症 | KURAGE online

「 統合失調症患者 」 の情報 

京アニ事件想起か、表現を修正 話題漫画「ルックバック」―集英社

精神障害と犯罪をめぐる描写への問題も指摘され、統合失調症患者を名乗るからは「を殺す可能性がある存在として描かれるのはつらい」との

統合失調症のバイオマーカーを発見(発症初期の診断に有効)

この発見は統合失調症の診断や治療につながるものと期待されます。 ... 初期の統合失調症患者の脳と末梢血液検体で活性化型CRMP2が増加していた

胃の不調の原因を探そう

中には統合失調症患者のための薬や、抗がん剤治療での吐き気止めとして使われるものがありますが、本来の使い方とはちょっと外れて一般的な

精神疾患予兆 検査で発見 盛岡の企業がキット開発、来月発売

... にわたって臨床研究が行われ、健常者を基準にすると、うつ病患者は2倍程度、統合失調症患者は4倍程度の量が検出されることが分かっている。

精神病患者の心血管代謝リスクは予測可能か

統合失調症患者は一般口と比べ平均余命が10〜15年短く、主な原因として2型糖尿病や肥満、心血管疾患といった身体的要因の影響が指摘されて

「覚せい剤中毒より治療が困難」普通の人を薬物依存に陥らせる"あるクスリ"

そのような臨床現場では、精神科医の腕の見せどころは、病識を失い、被害妄想の影響で極端に猜疑(さいぎ)的になっている統合失調症患者に、決して

統合失調症患者の抗精神病薬誘発性脂質異常症に対する薬理学的介入~メタ解析

抗精神病薬誘発性脂質異常症は、統合失調症患者で一般的にみられる副作用であり、代謝性合併症や心血管疾患の発症リスクを高める可能性がある。

統合失調症がパーキンソン病の高リスクに関連

統合失調症患者は、その後の生でパーキンソン病(PD)を発症するリスクが高いことが、「Movement Disorders」1月6日に掲載の研究で示唆され

統合失調症患者の心血管リスクと認知障害との関連~メタ解析

統合失調症患者の心血管リスクと認知障害との関連~メタ解析. ケアネット(2021/4/9). 統合失調症では、認知機能障害とメタボリックシンドローム(

甲状腺ホルモン不足が脳の発達障害を引き起こす仕組みの一部を東北大が解明

その結果、自閉症や統合失調症患者の死後脳で観察される「パルブアルブミンニューロン」の減少が、実験を行ったマウスの脳にも生じていることが

Copyright© 統合失調症 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.