統合失調症 | KURAGE online

統合失調症 | KURAGE online

「 被告 」 の情報 

「一人でも多くはねようと」竹下通り暴走の初公判で被告

弁護側は「統合失調症の影響で、心神喪失状態だった」として被告の責任能力を争う姿勢を示しました。

竹下通り車暴走で殺意否定 8人重軽傷、東京地裁

被告は鑑定留置の後に刑事責任を問えるとして起訴されたが、弁護側は「統合失調症の影響の下で事件を起こし、心神喪失状態だった」として争う

原宿暴走事件 被告「殺意ない」

また、被告の弁護士は「統合失調症の影響が大きく、責任能力が無い状態だった」と述べ、無罪を主張しました。 一方、検察は「死刑制度に反対する

弁護側「心神喪失」と無罪主張 8人重軽傷の原宿暴走―東京地裁

弁護側は「犯行時、被告は統合失調症の影響で心神喪失状態だった」と無罪を主張。被害者8のうち5については殺意がなかったと述べた。

「責任能力認められない」 現住建造物等放火、男に無罪判決

公判では、妄想型統合失調症だった男性被告について、犯行当時の責任能力の有無、程度が争点になっていた。 判決理由で今泉裕登裁判長は、被告の

「現代の座敷牢」寝屋川監禁死事件を振り返る②~鬼母へ全方位からの攻撃

被告は「小6でいじめを受けてから不登校になった(そして統合失調症を発症した)」と供述していますが、元級友は二ともいじめの存在をキッパリ

「無期判決、今も納得できない」 熊谷6人殺害5年

統合失調症による被害妄想の影響で被告が「心神耗弱状態」だったと認定した。検察側は「適法な理由が見当たらない」として上告を断念した。

熊谷6人殺害、無期懲役確定へ 最高裁が上告棄却

統合失調症を抱えていた被告の刑事責任能力について争いがあった。 裁判員裁判の一審・さいたま地裁は「精神障害は犯行に背景的、間接的な影響を

熊谷6人殺害、無期確定へ=一審死刑のペルー人被告―最高裁

一審さいたま地裁は18年3月、被告が統合失調症だったと認めた上で、「残された正常な精神機能に基づき、金品入手という目的に沿った行動を

Copyright© 統合失調症 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.