統合失調症 | KURAGE online

統合失調症 | KURAGE online

「 責任能力 」 の情報 

交番襲撃被告に懲役13年求刑 「社会的影響甚大」大阪地裁

統合失調症の著しい影響があったものの、「残された正しい判断能力のもとで犯行を行った」として、限定的な責任能力はあったとした。 その上で、

交番襲撃、懲役13年求刑 責任能力が争点、大阪地裁

被告は起訴前と起訴後の精神鑑定でいずれも統合失調症と診断され、責任能力が争点となっている。弁護側は7月19日の初公判で無罪を主張し、

交番襲撃、懲役13年求刑

被告は起訴前と起訴後の精神鑑定でいずれも統合失調症と診断され、責任能力が争点となっている。弁護側は7月19日の初公判で無罪を主張し、被告は

吹田 交番襲撃事件 被告“頭の中で知人から指示された”

これまでの裁判で、弁護側は、被告は事件当時、統合失調症の影響で責任能力が無い状態だった可能性があるとして、無罪を主張しています。

大阪・交番襲撃事件、被告側が無罪主張 地裁初公判

弁護側は「犯行当時、飯森被告は統合失調症にかかっていて責任能力がなかった可能性があり、無罪を主張する」とした。 大阪地検は19年7~12月に

「一人でも多くはねようと」竹下通り暴走の初公判で被告

弁護側は「統合失調症の影響で、心神喪失状態だった」として被告の責任能力を争う姿勢を示しました。

原宿暴走事件 被告「殺意ない」

また、被告の弁護士は「統合失調症の影響が大きく、責任能力が無い状態だった」と述べ、無罪を主張しました。 一方、検察は「死刑制度に反対する

金沢不審火 起訴内容を認める 地裁で初公判 /石川

一方、弁護側は、稲田被告は事件前に統合失調症の診断を受けており、「少なくとも心神耗弱の状態にあった」として、責任能力を争う姿勢を示した

小城のアパート放火で無罪判決 強い幻覚妄想状態、責任能力を認めず /佐賀

今泉裕登裁判長は「妄想型統合失調症が悪化して犯行当時は強い幻覚妄想状態下にあり、犯行時に責任能力があったとは認められない」として無罪(

「責任能力認められない」 現住建造物等放火、男に無罪判決

公判では、妄想型統合失調症だった男性被告について、犯行当時の責任能力の有無、程度が争点になっていた。 判決理由で今泉裕登裁判長は、被告の

Copyright© 統合失調症 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.