統合失調症 | KURAGE online

統合失調症 | KURAGE online

「 責任能力 」 の情報 

【大口病院事件】「いつかはこんなケースが…」無期懲役に検察幹部が語った言葉の意味(日本 ...

完全責任能力があったとして死刑を求刑したのに対し、弁護側は、「統合失調症の ... 一方で、久保木被告には自閉スペクトラム症の特性があり、看護師に求め

大口病院事件 無期懲役に警察・検察は? - 日テレNEWS24

完全責任能力があったとして死刑を求刑したのに対し、弁護側は、「統合失調症の影響で心神耗弱状態だった」などとして無期懲役が相当と主張していた。

神戸5人殺傷で「仰天無罪判決」 カギは起訴前鑑定で黙秘 問われる裁判員裁判|ニフティニュース

... に神戸地裁で開かれた判決公判で、飯島健太郎裁判長は「統合失調症の影響で心神喪失状態だったとの合理的な疑いが残る」として責任能力を否定し、無罪を

“点滴混入殺人”きょう判決…主文後回しに - 日テレNEWS24

... から、勤務時間外に亡くなるように点滴に消毒薬を混入した」などと指摘、完全責任能力があったとして死刑を求刑したのに対し、弁護側は、「統合失調症の

旧大口病院連続死 元看護師に無期懲役 横浜地裁 - ニフティニュース

弁護側は事件当時、久保木被告が統合失調症を発症し始め、責任能力が大きく損なわれた心神耗弱状態にあったと主張していた。【池田直、洪?香】.

旧大口病院連続死 元看護師に無期懲役 横浜地裁 - 琉球新報

弁護側は事件当時、被告が統合失調症を発症し始め、責任能力が大きく損なわれた心神耗弱状態にあったと主張していた。【池田直、洪玟香】

主文後回し「静粛な環境で聞いて」点滴混入

検察側は完全責任能力があったとして死刑を求刑したのに対し、弁護側は、「統合失調症の影響で心神耗弱状態だった」などとして無期懲役刑が相当と主張してい

元看護師に無期懲役判決 旧大口病院、患者連続中毒死事件 横浜地裁 - 朝日新聞デジタル

一方、弁護側は犯行時、被告に統合失調症の前兆の症状があったとする起訴後の精神鑑定の結果を重視。被告は犯行時に責任能力が著しく減退した「心神耗弱」の

“点滴混入殺人”きょう判決…主文後回しに - 日本海テレビ

... 責任能力があったとして死刑を求刑したのに対し、弁護側は、「統合失調症の影響で心神耗弱状態だった」などとして無期懲役刑が相当と主張していました。

血色変化で鑑定書提出=袴田事件差し戻し審で弁護側 - au Webポータル

コロナで夫死亡、子ども2人の殺人未遂罪 女性が初公判で語った絶望. 毎日新聞 · 親族ら5人殺傷、責任能力の有無争点に…検察・弁護側の医師が統合失調症と

Copyright© 統合失調症 | KURAGE online , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.