統合失調症 | KURAGE online

統合失調症 | KURAGE online

「 飯森被告 」 の情報 

交番襲撃、男に懲役12年=「危険な犯行」無罪主張退ける―大阪地裁

統合失調症による刑事責任能力の有無が争点だったが、渡部裁判長は、飯森被告が事件直前に虚偽の110番をし、的確にやりとりしていたことなど

【速報】交番襲撃で拳銃奪った男に懲役12年判決 刑事責任能力めぐり2度の精神鑑定

事件当時、飯森被告は統合失調症を患っていて、これまでの裁判で「頭の中の知が警察官を殺せと指示し、交番に行くとその警察官がいたので襲っ

交番襲撃事件 被告が動機説明…大阪地裁公判

飯森被告は事件前から統合失調症治療を受けており、裁判では刑事責任能力の有無が争点。検察側は、事件前後の行動などから刑事責任能力はあっ

「精霊さんの指示で刺した」大阪交番襲撃事件で被告人質問

飯森被告は統合失調症の悪化で頭の中に現れる幻覚・幻聴の「精霊さん」の指示に逆らえない状態だったと説明。事件時は「警察官を『刺して殺せ』

大阪交番襲撃 無罪主張…弁護側「統合失調症が影響」 地裁初公判

弁護側は起訴事実は争わず、「統合失調症の影響で、刑事責任能力がなかった」とし、無罪を主張した。 起訴状では、飯森被告は19年6月16日朝、

大阪・交番襲撃事件、被告側が無罪主張 地裁初公判

弁護側は「犯行当時、飯森被告は統合失調症にかかっていて責任能力がなかった可能性があり、無罪を主張する」とした。 大阪地検は19年7~12月に

Copyright© 統合失調症 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.